会長所信

令和2年度 会長所信

1.スローガン

行動こそが未来を創る!
~想いと経験がYEGを強くする~

2.会長所信

新元号となった令和元年度は、30周年で掲げたビジョン「革進」の下、「革進、そして新たな承継へ ~学び、継承し、持続するYEGへ~」をスローガンに各種事業に取り組んでまいりました。多くの先輩方が築いてこられた文化や熱い想いを継承し、これまでの八戸YEG活動を持続させるために、常設4委員会1室、1大会実行委員会で活発な議論を交わしながら、新たな事業にも着手するなどメンバーの皆様と共に邁進してまいりました。また、昨年11月には、八戸商工会議所(親会)の第29期体制も始動し、改めて親と子が一体となって地域経済の振興に取り組んでいく基礎を構築した一年となりました。

そして令和2年。今、正に「新型コロナウイルス感染症」が、私たちの安心で安全な日常生活に恐ろしいまでの脅威を与えております。申し上げるまでもなく、ホテルや飲食店に代表される観光サービス産業を中心に、我がふるさと八戸市経済界は重大な危機に直面しております。

これまでも地域経済は、人口減少に起因する商圏縮小、人手不足、事業承継、そして昨年10月の消費増税等、多くの課題を抱えておりました。新型コロナウイルス感染症の拡大は、厳しい情勢に追い打ちをかけ、今や経済活動の根幹を揺るがすほどになっています。

この難局を乗り越えるために私たちにできることはあるのでしょうか。商工会議所青年部は地域を愛する青年経済人の集合体です。このような時こそ我々は一丸となって、YEGならではの「機動力」と「ネットワーク」を活かして地域経済の一助となるべく行動する時なのだと強く確信しております。

そのような想いから令和2年度のスローガンとして「行動こそが未来を創る! ~想いと経験がYEGを強くする~」を掲げました。この状況にただ茫然と耐え忍ぶだけではなく、この状況だからこそ成すべき事を見つけ、行動を起こしたいと思います。そして様々な経験を積むことが八戸YEGを更に強くすると信じております。

商工会議所青年部第18回全国サッカー大会八戸大会につきましては中止することと致しました。誘致から複数年に亘って取り組んできた事業であり、開催に向けて準備を進めてきましたが、新型コロナウイルス感染症収束の目途が立っていない先行き不透明な状況の中、参加者、関係者各位の健康・安全面を第一に考慮した結果、誠に遺憾ではありますが苦渋の決断を致しました。

令和2年度の事業は、昨年度の事業継続を基本とした委員会、室による通常事業の他、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急支援事業を予定しております。

今こそ、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ力を合わせていきましょう!

 
八戸商工会議所青年部 16代会長 向井誠仁